名刺の管理はお任せ!

名刺管理とマーケティングオートメーションの連携

マーケティングオートメーションは、Webサイトへの訪問など、顧客のリード情報を元に適切なアプローチを行う営業手法です。ユーザがサイトを訪問した際に残した情報を元に、メールや電話などの手段を用いて、売上に結びつけることができる見込客の掘り起こしを行います。マーケティングオートメーションを実施するための顧客情報について、サイトを訪れたユーザ情報から得るのではなく、日常の営業活動で入手する名刺データを元にすることで、サイトで得る情報よりも正確に顧客へのアプローチを行うことが可能になります。人手を介することなく、自動的に営業活動を進めることを可能にするのが、マーケティングオートメーションの目的ですから、情報発信をする顧客の情報が正確で無いと意味はありません。名刺から読み込んだ情報を元に情報発信を行うことで、成約に結びつけやすい顧客を掘り起こせるのです。

BtoB営業は名刺管理を使ったマーケティングオートメーションを!

名刺の交換を行う機会は、一般的にBtoBのような法人相手の営業の場面が多かったりします。新商品の発表セミナーや、商談の場などで名刺の交換を行った後、名刺管理ツールに読み込ませておけば、正確な顧客情報を自社で管理することが可能になります。名刺管理ソフトとマーケティングオートメーションを連携させることで、販促物に相応しい顧客に対しての適切な情報発信ができるようになるのです。過去に電話や訪問を行った顧客であっても、マーケティングオートメーションを用いて定期的な掘り起こしを行っていけば、成約に結びつける反響を得ることが可能になる場合も有り得ます。名刺という正確性の高い情報を元に、メールなどを用いた情報伝達を定期的に行い、売上向上を実現するのが、マーケティングオートメーションを用いることのメリットなのです。